logo_image logo_image logo_image 株式会社フレアー
[高度な検索]
ハイパーフレアー
携帯電話の電磁波対策
ご案内
フレアー理論に基づく製品
ショップ情報・その他
ご紹介リンク
管理用
ユーザー名:

パスワード:


トップ  >  フレアー理論に基づく製品  >  ハイパーフレアー
ハイパーフレアー

                   
ハイパーフレアー ハイパーフレアーはフレアー・エネルギー・システムを産業用に開発し、生活環境エネルギーの改善を目的とします。

自動車等、各種製品に取りつけることで、職人が生産した製品のレベル、あるいは設計投階での意識レベルにまで製品のエネルギーを回復し、使用する人の意識がスムーズに反映され、疲れのない製品へと復元します。

仕様・価格
●サイズ(長さ×幅×厚さ)
270mm×110mm×16mm
●定価  108,000円(税込)

数量:


 

 

ハイパーフレアー

ハイパーフレアー

写真のようにハイパーフレアーは内部にギザギザのついた「ペンシル型」の金属棒(発生体)が4本収められており、内部にはコイルが入っております。
また、表・裏面には六角形の特殊加工金属板が2枚入っております。これらのパーツはそれぞれ純金メッキされております。それぞれの構造や黄金色に意味があります。
 



DVDの説明:体力を消耗させ、人体を酸化させる電磁波をハイパーフレアー機能と設置したヒトの意識(エネルギー)で、電磁波に活力を与え改善された状態を測定する。

■ ハイパーフレアー  

“ハイパーフレアーを配電盤に設置する事で、”
○ 家電製品の作動時に発生する不調和な振動が調整され、
機能が回復し、元来の機器の働きに戻ります。
○ 同時に人体を酸化し、体力を消耗させていた電磁波は、
活力を与える電磁波に換わります。
○ また、変換された電磁波は機器の振動で増幅され、
エネルギーとなり家屋は癒しの場となります。

解説:

18世紀末の産業革命は、作業の分業化で作業能率が著しく向上し、大量生産が可能となり、飛躍的に安価で生産出来るようになりました。
それまでは設計から生産まで一環し、各部品から最終製品まで手がけられ、製品に職人の手(意識=エネルギー)が働き、製品に命を与えてきました。
ところが、仕事の分業化で、設計と生産の分離と部品生産の分散化、さらに機械化で、効率化に拍車が懸かり、分業化は更に再分化され、設計の段階ではその目的が理解されていても製造段階では使用目的の判らないままに部品が作られ、組み込まれた部品の集合体が製品となっています。工場で生産される製品のほとんどがこの方法で生産されています。  
このように、作る人の意志(エネルギー)も働かず、機械化でロボットが生産し、命の欠落した製品が大量に生産されています。
この職人の手(意識=エネルギー=命)の欠落した機器は作動時に必然的に命を必要とし、欠落したエネルギーを使用者(オペレータ)の生命力で補い作動しています。
このことで人体は活力を消耗しています。

レヨメーターPS10

レヨメーターPS10はドイツのパウル・シュミットのバイオレゾナンス理論を基に自然界に存在する動物、植物をはじめ、有機・無機の物質が有する振動を0〜100までの周波数として数値化し、アンテナ(ディテクタ)使って、測定したい物体とレヨメータの間に共鳴が起きるかどうかで測定します。

アンテナ(ディテクタ)の共鳴のうごき
1、上下の動き=電磁波の影響を少し受けている。
2、左右に激しい動き=電磁波の影響を強く受け、人体は酸化され活力が低下している。
3、動きが無いとき=電磁波の影響が0の状態、
4、回転の動き=電磁波がエネルギーとなり身体に活力を与えている。
 

“ハイパーフレアーなぜ効果を発揮するか?”

近代科学文明は機械され空間には光波、音波、振動波、電磁波など多くの人工波を発生させています。
バスや電車、飛行機等の大型交通機関や家電製品など機器の作動時に、波長の違う大小多くの部品による不調和な振動が機器の機能を低下させています。
また、同時に発生する電磁波は人工物でエネルギーが低く、人体に影響を与えています。
ハイパーフレアーは、その不調和な振動を単一化に調整(特許取得)し、それに伴う電磁波も自然物のエネルギーにオペレータの意識で改善されますように開発した道具です。

○不調和な振動が単一化された機器は元来機能に回復されます。
○改善された電磁波は機器の振動で増幅され人体に活力を与えます。

配電盤にハイパーフレアーを設置すると、電線や家電製品の作動時に発生する不調和な振動を調整し、家電製品の機能を高め、さらに、人体を酸化し活力をなくしていた電磁波が改善され、改善された電磁波は機器の振動で増幅され、エネルギーの満ちた家屋となります。“昔の家屋のような癒しの場となります。

 また、地レジの電波は自然界に存在しない波長で人体への影響は、今回の沖縄の測定では想像以上に人体に負担を掛ける測定結果でした。
その改善には、配電盤とは別に、地レジのテレビ本体にハイパーフレアーを設置することで解決できる測定結果を得ました。

 

■ ハイパーフレアー(特許第4282124号)

家屋内の電線や電化製品、パソコン、冷暖房機器などの家電製品の電磁波は、人体を酸化させ、負担を与えています。
しかし、家屋の電源、配電盤にハイパーフレアーを設置すると、その電磁波は自然界のエネルギー(炁=気)と同じ電磁波になる測定結果がでました。
“自然界の存在する電磁波と人工的な電磁波とは人体に与える影響が違います。”
 

1、ハイパーフレアーを配電盤に設置

ハイパー・フレアーを配電盤に設置し、家屋内の状態を測定した結果、配電盤の極微振動で充分に効果を得られました。


“電気を使用している所は電磁波が発生しています。”

 

2、ハイパーフレアーを配電盤に設置し、畳の下に特殊板2枚を設置した部屋での測定


ドイツに於いて保険医療に承認された医療器具で、病気や医療、環境についても測定ができる、ドイツ・レヨネックス社製・レヨメーターPS10で測定しました。
ハイパーフレアーの設置で、より一層室内環境が良い状態になっている測定結果でした。
尚、ハイパーフレアーを設置する前の室内環境は電磁波の影響で悪   い状態であるという結果でした。
レヨメーターPS10での測定  ハイパーフレアーを配電盤に設置すると家屋内で発生する電磁波がエネルギー(炁=気)に変わり、機器の振動で増幅され家屋内が癒しの場となる測定でした。


3、地レジ・テレビにハイパーフレアーを設置


配電盤に設置したハイパーフレアーで家屋内の電磁波は総てエネルギーとなり癒しの場となりますが、地レジ・テレビにスイッチを入れると、地レジの電磁波は自然界に存在しない波長で、配電盤のハイパーフレアーでは変えることが出来ません。
地レジ・テレビには別途ハイパーフレアー、もしくは特殊板を設置する必要があります。
(取り付け位置は、テレビの大・小に関わらず、裏側中央に取り付けてください。)

 


4、 自動車に取り付けた場合 (電気自動車には特に必要となります。)


馬力もアップし、疲れの少ない車になります。
詳しくはホームページ(http://www.flare-genki.com/)を御覧下さい。
取り付け方法: 方向はありません。
ハイパーフレアーは車の振動をエネルギーとします。
車を走らせるのに安全な所(グローブボックス・トランク・座席の下等)に付属のマジックテープで必ず固定してください。
(取り付け参考例)上に車検証、本等軽い物を置いても構いません


《ハイパーフレアー設置の取り扱い上のご注意》
1 特殊加工品につき丁寧にお取り扱いください。 
2 カドがあり、お取り扱いには十分に、ご注意ください。
 

 

◆乗用車への取り付け
 
乗り物に…オートバイにはハイパーフレアー1個
乗用車には2個を目安にして下さい。
  より効果が体感できます。    
 

  
ポルシェ911 装着写真        パワー測定

  
ポルシェ911 トルク値測定   ポルシェ911パワー値測定

 
 

プリンタ用画面
前
フレアー
カテゴリートップ
フレアー理論に基づく製品
次
フレアーパワーベルト

Flare Corporation © 2000-2010